全国からリピーター続出! 年間20万人が頼る幸せ行列占◆鳳占やかた

TOP > 鳳占やかたとは・占術紹介

鳳占やかたとは 全国からリピーター続出! 年間20万人の相談者が訪れる当たると評判の占い館


▲市場通り鑑定所

横浜中華街に6店舗、新宿に3店舗、池袋に1店舗を構える『鳳占やかた』は、先祖代々占い師の家系を持つという、故・山縣由布が中心となって創立し、現在では総勢60人を超える経験豊富な鑑定師が所属する占いの館。 年間20万人以上の人が、全国から相談に訪れ横浜中華街でもトップの人気を誇る。

数多くのメディアでも取り上げられており、森三中や堂本剛、安住紳一郎などの有名人も多数訪れている。


▲新宿東口鑑定所

NHK朝の連続テレビ小説『まれ』の横浜編において、劇中に出てくる占いシーンの占術指導も鳳占やかたが担当。

【テレビ出演】
「マツコ会議」(日本テレビ)、「探検バクモン」(NHK)、「ドキュメント72時間」(NHK)、「旅ずきんちゃん」(TBS)、「爆報!!THEフライデー」(TBS)、「ヒルナンデス」(日本テレビ)、「ぴったんこカンカン」(TBS)、「おはよう日本」(NHK)、「東京上級デート」(テレビ東京)、「大人の極上ゆるり旅」(テレビ東京)

【公式サイト】
「鳳占やかた」と検索して下さい


■総合監修

伊藤行斎(いとう ぎょうさい)

みかど学院・学院長
算命学 周位三段

創設者の山縣由布、鈴木善斎とともに算命学を学ぶ。 鳳占やかたを現在まで支えて来た立役者であり、同じく山縣由布設立の「みかど学院」では学院長を務める。

その後、山縣、善斎に次ぐ鳳占やかたの看板となって4万人以上を超える人々を幸せへと導いてきた。 現在も全国から数多くの人が彼の占いを求めに鳳占やかたを訪れている。


占術紹介

算命学

昔、王が生まれなければならない日は決まっていた……
生まれる日で決まる性格、生き方、そして運勢を知る事でこの先に待つ未来を予知する

■生年月日から割り出される「宿命」と「運命」

算命学とは古代中国では儒教や道教など、多くの思想、哲学が生まれ、その根底となっている自然科学、万象学をベースとした人間学を称するものです。人間の生き方として一番良いのは、「自然に逆らわず、自然のまま生きる」という考え方です。

占術的には陰陽五行説をもとに、応用したのがおよそ2,300年前の戦国時代に生きた「鬼谷子(きこくし)」です。
乱世の世を生き抜くために、算命学を軍略に活用し、相手の性格や動向を探るという軍略の書を残したものです。これを二人の弟子により継承され、後に算命学は古代中国王家の帝王学として尊重され、処世術や軍略、そして政治にも用いられ、長い間、門外不出の秘伝とされてきました。その一部が算命学占星術として、今日では人生鑑定に活用されています。

「占いの王者」とも称される算命学は、恋愛、結婚のみならず人間関係、仕事、健康、財運ほかエネルギーの強弱、本人の性格や特徴など、誕生日から算出された星から読みとることができます。また、年間毎の運勢推移や天中殺の過ごし方など、ライフスタイルに役立つ「人生のナビゲーター」として、幅広く全国の皆様から、絶大なる信頼と称賛を博しております。

■天中殺とは

天が味方をしてくれない、時間と空間が不自然な時期のことです。

算命学では《 天中殺 》という時期を大変重要視しております。
天中殺とは、12年に1度、2年間。12カ月に2カ月間。12日に2日間というペースで、天が味方をしてくれない、時間と空間が不自然な時期のことです。誰にでも平等に訪れます。

今日の占いブームから「天中殺は悪いことが起こる時期」として認識されている方が多いですが、ゆったりと自分に向き合えば良い充電期になるといえます。天中殺をいかに過ごすかが大切です。自分がいつ天中殺になのかを事前に知ることにより、災いを避ける事が出来、生きる道標が明るく見えて来ます。

有料版ではここまで詳しくわかります!

その1 人体星図からあなたが生まれ持つ宿命を鑑定

その2 あなたの印象や才能 二人の価値観や行動の範囲を示す六十干支グラフ

その3 運気の波が一目瞭然でわかる! あなたの歳運表

その4 陽占・陰占、2つの占術から二人を紐解く相性チャート



“占いの老舗”と呼ばれるほどの伝統と実績 年間20万人が慕い訪れる占い館 鳳占やかたベテラン鑑定師おすすめメニュー