Horoscope 12星座占い「対人運」|水星の動きで運勢読み

コミュニケーションを司る「水星」の動きで、世の中の人づきあいの様子や星座別の「対人運」を占います。

水星は今、乙女座にいます
2022/8/4〜2022/8/26

世の中はどんなムードに?

水星が乙女座に入ると、人づきあいに「丁寧さ」と「正しさ」が生まれます。社会全体が丁寧で礼儀正しいムードに。嘘をつく人や不正を働く人へのバッシングは強烈。何事もデータなどの証拠を求められるようになります。

「 牡羊座」さん
この時期の対人運

「世のため、人のため」という気持ちが湧くとき。人のために使う時間が増えるので、1日に1時間は自分の時間を確保するなど、ルールを作るとバランスが取れます。規則を守らない人には厳しくなりすぎる傾向が出るので気をつけて。

「 牡牛座」さん
この時期の対人運

堂々と自分を表現することでインパクトを与えることができる時期。気持ちやアイデアを伝えたい相手には、積極的にアクションを。聞き役に回るときは、「理解しよう」という気持ちが伝わる表情や頷き方で印象UP。

「 双子座」さん
この時期の対人運

家族や親しい友達、仲の良い仕事仲間など、「ホーム」と思える人たちといると、あなた本来の魅力が出るとき。周りの人に安心感を与えることもできるはず。家族と一緒に模様替えをすると、家の中の空気もさらに良好に。

「 蟹座」さん
この時期の対人運

いろんな人と楽しく明るく笑い合う会話を盛り上げることができるとき。好印象を与えることが多いでしょう。SNSなどの発信も増やして気軽な関わりを広げると◎。ただ真剣な話は相手にトーンを合わせるのがポイント。

「 獅子座」さん
この時期の対人運

とりとめのない雑談よりも、生産性のある話をしたくなるとき。メリットのある人脈を求めがちで、それが態度に出やすいので気をつけて。お得な情報が入りやすい時期なので、それをシェアしたら喜ばれそう。

「 乙女座」さん
この時期の対人運

人の気分を害さず、「知的で賢い人だな」という印象を与える話し方や言葉選びが自然にできる時期です。素直に本音を出しながら、いろいろな人と関わってみて。勉強に力を入れると、有益な人脈が広がりやすくなります。

「 天秤座」さん
この時期の対人運

ケンカした友達と仲直りできたり、うまく言葉にできないことでも「わかるよ」と言い合えたりする。そんな、心が温まるコミュニケーションが生まれる時期。「今さら…」「わかってもらえないだろう」と決めつけずに話して。

「 蠍座」さん
この時期の対人運

同じ目標を持つ人、気楽な友達とのコミュニケーションが活発になる時期。会って話したり、頻繁に連絡をしたりすると楽しい毎日に。SNSなどでの発信もたくさんして。目上には最低限の礼儀を忘れないようにすると◎。

「 射手座」さん
この時期の対人運

成果や知識を求められて、この時期はちょっとプレッシャーが強め。ただ見栄を張らず、知らないことは「知らない」と言ってOK。知っていることについては、上手に教えたりアドバイスしたりできるはず。

「 山羊座」さん
この時期の対人運

得意分野や専門分野が違う人たちと関わり、世界や知識を広げていける時期です。「難しいな…」と思っていたことに詳しい人と話すと、多くのことを吸収できるはず。書店や図書館に有益な出会いが待っている場合も。

「 水瓶座」さん
この時期の対人運

特定の人との絆をグンと深めていくことができる時期。言葉にしていない本音や過去の出来事など、普段は表に出さない部分まで踏み込むコミュニケーションができます。まずは自分から心を開いて。

「 魚座」さん
この時期の対人運

1対1のコミュニケーションを大切にすると、自然と人間関係が広がる時期。挨拶を丁寧にすること、相手の立場に立って話を聞くこと。これを意識していると、さらに多くの信頼を得ることができます。

For more details 水星の動きについて解説

水星が◯◯座にいるってどういうこと?

一般的に「私は◯◯座です」というのは、生まれた日に地球から見て太陽がいた星座のこと(ここでは「太陽星座」と呼びます)。同じように、今現在水星がどの星座を移動しているのかということを、「今、水星が◯◯座にいる」と表現しています。

この記事では、今の水星がいる星座で「世の中の人づきあいのムード」を。今の水星とみなさんの「太陽星座」の位置関係で12星座別の「対人運」を占っています。

水星ってどんな星?

水星は「コミュニケーション」と「知性」を司る天体です。
9つの天体(太陽を除く、月・水星・金星・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星)の中で最も太陽に近く、太陽とほかの天体との仲介者。情報や橋渡しがテーマの星です。
人々が何を考え、それによって世の中でどのような話題や空気感が拡散されやすいのか、人々がどのような距離感で関わり合うのか…といったことを伝えてくれます。

水星のサイクル

水星は1つの星座に1週間~2か月半の間滞在します。太陽の周りを1周する周期は約88日間。
太陽に最も近いため、常に太陽と同じか1つ隣の星座までの間に滞在しています。
また水星の大きな特徴は、見かけ上反対方向に進んでいるように見える「逆行」という現象が、年に3回と頻繁に起こること。この逆行期間中に、1つ前の星座に戻るという動きも起こります。