Horoscope 12星座占い「仕事運」|太陽の動きで運勢読み

社会全体の目的や理想を司る「太陽」の動きで、世の中の仕事のペースや星座別の「仕事運」を占います。

太陽は今、獅子座にいます
2022/7/23〜2022/8/23

世の中はどんなムードに?

太陽が獅子座に入ると、仕事に「夢や目標を追うロマン」や「楽しむ心」が生まれます。芸術やエンターテインメントの世界で注目を浴びる人が出やすいとき。肩に力を入れずに働ける人が増えるので、社会全体の仕事のペースも快調に。

「 牡羊座」さん
この時期の仕事運

自分らしさを前面に出すほどに、仕事が順調に進んでいく時期。人の目や常識、前例などを気にする必要はありません。あなたならではの工夫や伝え方がキラリと光ります。無難な道は、あえて避けて通ってみて。

「 牡牛座」さん
この時期の仕事運

周りの人を手伝ったり、みんなが働きやすいように環境を整えたりと、仕事仲間を気遣う行動をすると評価も存在感もグンと高まる時期です。また、上手な根回しができるときだと心に留めておくと、さらに仕事運UP。

「 双子座」さん
この時期の仕事運

情報と人脈で仕事を育てることができるときです。周りの人からの情報も頼りにしながら、徹底的にリサーチしましょう。また人脈を広げるコミュニケーションも積極的に。それから、慣れたことほど基本を大切にすると◎。

「 蟹座」さん
この時期の仕事運

「どう利益を出すか」を考えながら働くと、とてもいい仕事ができる時期です。評価も上がりそう。また、仕事道具の購入やスキルアップにつながる勉強などにお金をかけると◎。未来の活躍につながるはず。

「 獅子座」さん
この時期の仕事運

守りに入るのではなく、「失敗してもいいからやってみよう」という攻めの姿勢で成功に近づくことができるときです。たとえすぐに結果がでなくても、意欲を評価してもらえるでしょう。目標を改めて言葉にすると◎。

「 乙女座」さん
この時期の仕事運

1年くらい前から取り組んできたことに目を向けると、何か気づきがありそうな時期。また、子どもの頃や仕事を始めたばかりの頃の夢を思い出してみると、仕事のヒントが見つかってワクワクできそうです。

「 天秤座」さん
この時期の仕事運

最先端のテクノロジーを取り入れるだけでなく次にどんな時代が来るのかを考えたり、次の目標を大きく思い描いたりする。そんなふうに未来へと目を向けると、モチベーションも評価もグンと高まりそうな時期です。

「 蠍座」さん
この時期の仕事運

この時期は、頼られることや任されることが増えそう。その中に、時間をかけて努力してきたことを実らせるチャンスも潜んでいます。目上の人が引き上げてくれるときでもあるので、自分の実力を信じてバリバリ働いて。

「 射手座」さん
この時期の仕事運

活躍の幅をグンと広げることができるときです。まずは、視野と行動範囲を広げることが重要。長期的にどうなりたいのかを考え、そのためにこれまでとは違う行動や勉強をしましょう。全体に目を向けることもポイント。

「 山羊座」さん
この時期の仕事運

重要なことを任されたり、誰かから仕事を引き継いだりする可能性があるとき。言葉にしなくても、相手からの期待が伝わってきそう。マルチになろうとせず一点集中することで、プロとしての信頼がグンと深まります。

「 水瓶座」さん
この時期の仕事運

会議やプレゼン、営業などの場で、とても上手な伝え方ができるときです。どんな相手であっても、あなたが会話をリードすることで、みんながハッピーな着地点を見出すことができる可能性大。公平な視点を持つことがポイント。

「 魚座」さん
この時期の仕事運

するべきことをキチンとすれば、しっかりと周りから信頼される時期です。アイデアや個性を出すことよりも、任されたことを完璧にこなすことを目指して。仕事のルーティーンを見直して改善するのにもいいタイミング。

For more details 太陽の動きについて解説

太陽が◯◯座にいるってどういうこと?

一般的に「私は◯◯座です」というのは、生まれた日に地球から見て太陽がいた星座のこと(ここでは「太陽星座」と呼びます)。
同じように、今現在太陽がどの星座を移動しているのかということを、「今、太陽が◯◯座にいる」と表現しています。

この記事では、今の太陽がいる星座で「世の中の仕事のペース」を。今の太陽とみなさんの「太陽星座」の位置関係で12星座別の「仕事運」を占っています。

太陽ってどんな星?

すべての天体の中心で眩しい光を放つ太陽。
周りの天体をひきつけるエネルギーを放ちながら、太陽系という社会を維持しています。
社会全体がどこに向かおうとしているのかを物語り、それによって世の中の社会活動も私たち個人の仕事も、大きく影響を受けるとされています。

太陽のサイクル

太陽は1つの星座に1か月滞在し、1年で12星座を一周します。
現在の暦は太陽の動きをベース考えられていて、「春分」は太陽が牡羊座に入る日、「夏至」は太陽が蟹座に入る日、「秋分」は太陽が天秤座に入る日、「冬至」は太陽が山羊座に入る日と決まっています。